Make your own free website on Tripod.com
雷E ENGLISH

ポールが作った短歌の収集。

漢字で書いた詩。

ひらがなで書いた詩。

題:草の山 だい:草の山
緑さん
やきもちをたべ
赤いはな
ひらけばむしあ
つい夏になれ
みどりさん
やきもちをたべ
あかいはな
ひらけばむしあ
ついなつになれ
こいおもい
涙になるか
こころざし
にあいを目ざす
者は負けない。
こいおもい
なみだになるか
こころざし
にあいをめざす
ものはまけない。
題:「デープスパス9」 だい:でーぷすぱす9
真っ暗な
ピカピカ光る
ほしいの目。
このよの海に
押さえるなみだ。
まっくらな
ピカピカひかる
ほしいのめ。
このよのうみに
おさえるなみだ。
題:大人の知識 だい:おとなのちしき
いろけのねー
ヤマタのオろチ。
大切に
耳を済ませば
トトロと夢に。
いろけのねー
やまたのおろち。
たいせつに
みみをすませば
ととろとゆめに。
題:初の秋 だい:はつのあき
赤と青
黄色いはすぐ
見えますが
茶色な猫は
もう聞えない
あかとあお
きいろいはすぐ
みえますが
ちゃいろなねこは
もうきこえない。
題:りんだいゆだい:りんだいゆ
この夜は
夢らしい旅
山科に
ともとかえると
ニコニコ心。
このよるは
ゆめらしいたび
やましなに
ともとかえると
にこにここころ。
題:秋休みだい:あきやすみ
自転車で
祭や神社
マルゼンも
寺や漫画で
働きばちだ。
じてんしゃで
まつりやじんじゃ
まるぜんも
てらやまんがで
はたらきばちだ。
幻の
ながるるあめが
このまちの
きよめのためか。
やくわりあるか。
まぼろしの
ながるるあめが
このまちの
きよめのためか。
やくわりあるか。
題:今君の目に全てを輝かす。だい:いまきみのめにすべてをかがやかす。
この世から
出口はあるよ
輝いて
黒く雪のした
潜水艦ぞ
このよから
でぐちはあるよ
かがやいて
くろくゆきのした
せんすいかんぞ
題:細雨だい:ささめあめ
未来とは
過去と同じに
消えてゆく
あらしのくもも
かえながら来る
みらいとは
かことおなじに
きえてゆく
あらしのくもも
かえながらくる
題:8月7日9年だい:はちがつしちにちくねん
蒸し暑つい
わかれの涙
降りつつで
二ごの国も
合体出来ぬ。
むしあつい
わかれのなみだ
ふりつつで
ふたごのくにも
がったいできぬ。
題:19日9月平成9年だい:
秋風で
落ちているのは
カメハメ波
の渦の中で
桜ふぶきだ。
あきかぜで
おちているのは
かめはめは
のうずのなかで
さくらふぶきだ。
題:だい:
天の星
からの日差しは
夜の雲
を通して雪
に秘密な虹。
てんのほし
からのひざしは
とるのくも
をとおしてゆき
にひみつなにじ。
恋味付け鍋こいあじつけなべ
冬の鍋
うどんとぎょうざ
を食べた後
ちちの眠りで
卵がじゃまぞ
ふゆのなべ
うどんとぎょうざ
をたべたご
ちちのねむりで
たまごがじゃまぞ
物質から精神までぶっしつからせいしんまで
寿司はただ
オペラも無料
チョコもただ
キムチは高い
愛は生きがい
すしはただ
オペラもむりょう
チョコもただ
キムチはたかい
ゆめはいきがい